Webマーケティング、SEO、デザインに役立つ情報サイト

【2021年トレンド】ネイチャーインスパイアードデザインとは?【Webデザイン】

更新日:2022/04/22

公開日:2021/11/01

自然イメージ

2021年のWebデザインのトレンドで良く取り上げられている「ネイチャーインスパイアードデザイン」。なんとなく見たことはあるけれど、実際どんなデザインなのか分からないという人のために、ネイチャーインスパイアードデザインについて詳しく紹介します。
クリエイティブのトレンドを抑えて、自社サイトのWeb制作に活かしましょう。

ネイチャーインスパイアードデザインとは?

ネイチャーインスパイアードデザイン(Nature inspired design)とは、「自然」をテーマにしたクリエイティブデザインのことです。昔から、自然(花や木など)をモチーフにしたロゴマークやパッケージデザイン、Webデザインなどがありますが、2021年は特に「ネイチャーインスパイアードデザイン」として注目を浴びています。

自然をイメージした特徴的なデザイン

ネイチャーインスパイアードデザインは、以下のように自然をイメージにしたデザインです。

ネイチャーインスパイアードデザイン関連のロゴマーク

元々、多くの企業やWebサイトのロゴで既に取り入れられていましたが、「SDGs」をはじめとした自然や資源を守る世界的なプロジェクトが広まってからは、特に増えてきています。

新型ウィルスの影響で「自然に触れたい人」が増えている

2020年頃から新型ウィルスによって、日本のみならず世界的に経済活動が縮小していきました。

その結果、世界各地でロックダウンや緊急事態宣言により、思う様に外出ができなくなったり、仕事もオフィスではなく在宅で行わなければならなくなったのです。今まで当たり前に出かけられていた日常が奪われたことで、人々の中で「自然な場所に行きたい」、「自然に触れあいたい」と考え、自然的なものを求める人が増えています。

また、SDGsが世界的に認知されるようになり、改めて「自然を大切にしよう」というメッセージが至るところで受け取るようになりました。その走りが「サスティナブル」で、今では当たり前のようにスーパーでもコンビニでも見るようになりましたよね。

ユーザーの自然や環境に優しいものを使うという意識が高まりに合わせて、様々な企業の商品や製品もそれらを配慮したものが次々と販売されているのです。Webデザインおよび、クリエイティブもそうしたトレンドに合わせて「ネイチャーインスパイアードデザイン」を取り入れるところも多くなっています。

2021年になってから新型ウィルスのワクチンも普及しはじめたことにより、経済活動が戻りつつあり日常を取り戻す動きも進んでいます。日常を取り戻した後も、自然や資源を大切にしていきたいですね。

参考にしたいネイチャーインスパイアードデザインのWebサイト

オーガニック食品を販売するサイト「ビオフレスタ」

ネイチャーインスパイアードデザイン例サイトのビオフレスタ(https://biofloresta.jp/)

オーガニック商品を中心に販売する通販サイトの「ビオフレスタ」。
ロゴマークには、いたるところに「芽」が装飾され、カラーもグリーンとネイチャーカラーのブラウンでシンプルにまとまったデザインとなっています。

Webサイトもオーガニック商品や自然の中でランチをする家族の写真等が使われ、ネイチャーインスパイアードデザインを踏まえた使いやすいWebサイトになっています。

次世代オーガニックシャンプーのブランドサイト「さくらの森」

ネイチャーインスパイアードデザイン例サイトの「さくらの森」(https://sakura-forest.com/herbanience/)

天然由来成分を95%以上使用し、オーガニック認証取得原料を使うシャンプ―ブランド。
ロゴの「H」の部分にハーブのようなモチーフが使われ、色味もネイチャーカラーのブラウンでまとめたデザインとなっています。

Webサイトのファーストビューには、花と草の自然に囲まれたシャンプーボトルの宣材写真が設置。写真からも伝わる自然をモチーフにしたデザインページと言えます。

環境に優しいボタニカルシャンプーのブランドサイト「ビオリス」

ネイチャーインスパイアードデザイン例サイトの「ビオリス」(https://www.bioliss.jp/)

化粧品メーカー大手のKOSEが手掛けるボタニカルシャンプーのブランドサイトの「ビオリス」
ファーストビューには大自然の証でもある山が大きく表示され、さらに「PEACEFUL GREEN」として、KOSEが掲げる自然を守るためのプロジェクトが宣言されています。

ネイチャーインスパイアードデザインかつ、SDGsの15番目の目標「陸の豊かさも守ろう」に合うような、Webサイトになっています。

オーガニックシャンプーのブランドサイト「ネイチャーラボ」

ネイチャーインスパイアードデザイン例サイトの「ネイチャーラボ」(https://www.naturelab.co.jp/brand/diane-bonheur.html)

環境や人に配慮したオーガニックシャンプーの販売を行う「ネイチャーラボ」
全てのブランドをまとめた総合サイトとなっており、ファーストビューには自然×モデルのネイチャー感溢れる動画が設定されています。

ファッショナブルでスタイリッシュですが、オーガニックなパステルカラーを使い優しくセンスのあるネイチャーインスパイアードデザインとなっています。

まとめ

コロナ禍で外出を制限されることも多かった2021年は、「自然に触れたい」という機運が高まり、ネイチャーインスパイアードデザインの人気につながっているのではないでしょうか。

ユーザーは、自分のニーズに合った魅力的なデザインやコンテンツを求めています。商品やサービスを売ることが重視されていたり、自社がどれだけ優れているかが強調されていたり、商品やサービスから得られる効果や利益がわかりずらかったりといったWebサイトになっていると離脱につながりかねません。
日頃の業務に追われ、自社のサイトがユーザーニーズとズレが生じていることにも気づかないままコンテンツを増やし続けていませんか?PAGE Deliveryは、コンバージョンにつながらないWebサイトの訴求ポイントの発見・検証を行い、コンバージョンへの階段作りを行います。

 

サイト良くして委員会 トップページに戻る

人気の記事

「サイト良くして委員会」は
「PAGE Delivery」より発信しています

「PAGE Delivery」というサービスは
ご存知でしょうか?

課題となるWebサイトをプロが分析し、
コンバージョン率改善に向けたページを
配信する独自サービスです。

その「PAGE Delivery」を
行っている中でプロが気になる情報を

「サイト良くして委員会」で発信しています。

\ PAGE Deliveryのサービス内容はこちら /