Webマーケティング、SEO、デザインに役立つ情報サイト

多様化するマーケティングツール

更新日:2022/12/20

公開日:2022/12/20

マーケティングツール イメージ
パソコンやスマートフォンの普及によって、Webサイトやアプリ、SNSなどから自由に情報が入手できるようになり、消費者の購買行動は大きく変化してきました。それにともない、マーケティング活動も多様化しています。マーケティングで得たデータの分析や新規顧客の獲得につなげるための施策も、活動ごとに適切なタイミングや方法で行わなくては期待した効果は得られません。そこでマーケティングを効率的に行うために利用されているのがマーケティングツールです。現在マーケティングツールは、用途ごとに様々な種類のものが利用されています。今回はWebマーケティングに役立つツールを用途別にご紹介いたします。

マーケティングの主な流れ

マーケティング活動の主な流れと活用できるツールは以下の通りです。

1.リードジェネレーション (見込み顧客の獲得)

現段階は顧客ではないけれど、商品やサービスに興味や関心を持っていて、今後顧客になる可能性がある人をリード(Lead)と呼び、リードを集めることがマーケティングの第一歩になります。行われる主な施策としては、Web広告、コンテンツマーケティング、SNS、動画広告などがあります。

利用される主なマーケティングツール
・Web解析ツール
・アクセス解析ツール
・SEOツール
・ABMツール
・Web広告管理ツール

2.リードナーチャリング (見込み顧客の育成)

リードナーチャリングとは「見込み顧客の育成」のことです。
リードジェネレーションで獲得した顧客に対して、「定期的に情報を提供するなどして購買意欲を高めていきます。行われる主な施策としては、ダイレクトメール、ウェビナーなどがあります。

利用される主なマーケティングツール
・MAツール
・CRMツール
・SFAツール

3.リードクオリフィケーション (獲得した見込み顧客)

リードクオリフィケーションとは、獲得した見込み顧客の中から購入する可能性の高い顧客を選別することです。行われる主な施策としては、シナリオ設計、スコアリング、インサイドセールスの設計などがあります。

利用される主なマーケティングツール
・MAツール
・CRMツール
・SFAツール
・CROツール

マーケティングツールの種類と主な特徴

前の段落でマーケティング活動の流れに沿って、それぞれのタイミングで使用されるマーケティングツールをご紹介しましたが、ここではそれぞれのマーケティングツールの特徴を解説します。

Web解析ツール・アクセス解析ツール

Web解析ツールとは、Webサイトに訪問したユーザーの属性を調べたり、行動を分析したりするためのツールです。アクセス解析ツールと混同されがちですが、アクセス解析ツールが1つの機能を持つのに対してWeb解析ツールは複合的に様々な機能をもつものになります。
アクセス解析ツールとは、Webサイトに訪れた訪問者の属性や検索キーワード、サイト内での行動、特性などを分析することです。これらを分析することで、ユーザーが関心を持つことやコンバージョンに至るまでの行動を知ることができます。

SEOツール

SEOツールとは、SEO(検索エンジン最適化)施策のときにデータ分析や調査を行ったり、SEOの内部施策や外部施策を行ったりするためのツールです。SEOツール主な種類には、「検索順位チェックツール」「キーワード調査ツール」「被リンクチェックツール」「テクニカルSEOツール」「コンテンツチェックツール」などがあります。

ABMツール

ABM(Account Based Marketing)ツールは、取引先企業のアカウントの中から自社にとって収益性の高い企業を絞り込み、最適なアプローチを行なうためのマーケティングツールです。ABMツールの種類としては、「MAツール」「SFAツール」「CRMツール」などがあります。

MAツール

MA(Marketing Automation)ツールは、新規顧客の開拓から、見込み顧客の育成、営業がアプローチする顧客を選定するまでのマーケティング活動を自動化するツールです。見込み顧客の行動に応じてメールを出し分けたり、見込み顧客の行動に対してスコアをつけて、営業がアプローチする顧客を可視化するなどの機能を備えています。

SFAツール

SFA(Sales Force Automation)ツールは、営業案件の管理や顧客情報の管理を行うためのツールです。その他の機能として、営業活動の行動や結果を記録したり、売上予測や実績を可視化したりすることができます。

CRMツール

CRM(Customer Relationship Management)ツールは、顧客関係管理ツールとも呼ばれ、見込み客や取引先に関する情報やその購買履歴や問い合わせ履歴を管理することができるツールです。

CROツール

CRO(Conversion Rate Optimization)ツールは、Webサイトに訪問したユーザのコンバージョン率を高めるための施策を最適化するためのツールです。CROツールの種類としては、2つのWebページを比較してどちらがより良い成果を出せるか調査できるA/Bテストツールや、エントリーフォームの入力漏れにアラートを出したり、残りの項目数を表示できたりするEFOツールなどがあります。

「サイトで対策しなければいけないポイントはわかっているが、具体的に情報設計ができる人が社内にいない」「何から手を付けて良いか分からない…」など悩みを抱えてしまって計画に遅れをきたしていませんか?成果を得るためには、外部のパートナーの存在がカギを握ることだって往々にしてあるのです。PAGE Deliveryはコンバージョンに結びつく情報設計、コンテンツ制作、SEO施策で集客力のあるWebサイト作りをサポートします。

 

サイト良くして委員会 トップページに戻る

人気の記事

「サイト良くして委員会」は
「PAGE Delivery」より発信しています

「PAGE Delivery」というサービスは
ご存知でしょうか?

課題となるWebサイトをプロが分析し、
コンバージョン率改善に向けたページを
配信する独自サービスです。

その「PAGE Delivery」を
行っている中でプロが気になる情報を

「サイト良くして委員会」で発信しています。

\ PAGE Deliveryのサービス内容はこちら /