Webマーケティング、SEO、デザインに役立つ情報サイト

ドメイン年齢が長いとSEOに効果はあるの?

更新日:2022/04/12

公開日:2021/11/01

木の年輪

ドメインが取得されてからどれくらいの期間使われているかを表す「ドメイン年齢」。「ドメインエイジ」や「ドメイン年数」とも呼ばれています。「ドメイン年齢」が長いほどSEO効果が期待できるという話を聞いたことはありませんか?10年前には今ほどSEOの評価ポイントがなかったため、ドメイン年齢も評価ポイントになっていましたが、現在でも本当に効果があるのでしょうか?ここでは、ドメイン年齢がSEOにどのような影響を与えているのかについてご紹介します。

ドメイン年齢とは?

ドメインはホームページを開設する際に取得するURLのこと。「サイト良くして委員会」のURLなら「media.page.delivery」の部分がドメインにあたります。このドメインがどれくらいの期間使われているかを表した数字が「ドメイン年齢」です。例えば2010年に開設したサイトのドメイン年齢は、2020年の時点では10歳になります。

ドメイン年齢をカウントする時に注意しなければならないのが、いつの時点からカウントが開始されるのかということです。「ドメインを取得した日」や「サイトを開設した日」がカウントの開始日と考えられやすいのですが、ドメイン年齢は検索エンジンに対する概念のため、インデックスされた時からカウントが始まります。

ドメイン年齢が長いとSEOに効果があるって本当なの?

SEOとは、検索エンジンがWebサイトを検出しやすいように施策を行うことです。以前はドメイン年齢が長いほど検索エンジンに高く評価されると考えられていましたが、Googleのアップデートは繰り返し行われていて、検索順位を決める要因も変化しています。

Googleスタッフの中でも著名な人物として知られるジョン・ミューラー氏が、2018年にtwitterでドメイン年齢が検索順位に関係するのかという質問に対して、関係ないと回答しています。

ドメイン年齢が長いサイトは、運営している間に蓄積したコンテンツに多くのユーザーが価値を見出している場合が多く、自然に外部からリンクされると考えられます。つまりは、良質なコンテンツと外部リンク(被リンク)が検索エンジンに評価されるわけで、単にドメイン年齢が長いだけではサイト順位の評価にはつながらないことになります。

ドメイン年齢の調べ方

ドメイン年齢が長いとSEOに効果があるかどうかは、検索上位のサイトのドメイン年齢を調べてみると実感できるでしょう。ドメイン年齢は、チェックツールを使うことで簡単に調べることができます。無料で利用できるチェックツールをご紹介しますので、お試しになってみてはいかがでしょうか。

IP分散及びドメイン年齢チェックツール

IP分散及びドメイン年齢チェックツール

IP分散及びドメイン年齢チェックツールは、株式会社ディーボが公開しているSEO施策無料ツール「ohotuku.jp」内で提供しているツールの1つです。対象URLのIPとドメイン年齢を100件まで同時にチェックできます。

DOMAIN AGE CHECKER

domain age checker

DOMAIN AGE CHECKERは、イギリスのロンドンを拠点に活動するWeb起業家タウシフ・アクラム氏とその開発者のチームによって作成された無料SEOツール「SmallSEOtools」内で提供しているツールの1つです。ドメイン年齢を10件まで同時にチェックできます。

ドメイン年齢の長いサイトをリニューアルする場合の注意点

サイトのリニューアルやサーバーの移転をするときに、ドメインの変更を検討する方も多いのではないでしょうか?しかし、安易にドメインを変更することはおすすめできません。例えば、そのドメインをお気に入りに登録しているユーザーはホームページにアクセスできなくなったり、蓄積したSEO効果も失ってしまうなど、実績や評価を失ってしまう可能性があるからです。

しかし、適切に処理することでこれまでの実績や評価を新しいサイトに引き継ぐことができます。その方法の1つがリダイレクト処理です。リダイレクトの方法には「301リダイレクト」や「302リダイレクト」があります。具体的な設定方法は割愛しますが、新しいドメインに変更する際にはそれまで積み上げてきたサイトの評価を落とさないよう十分に注意しましょう。

新規サイトでも古いドメインを使えるの?

年齢の古いドメインを「中古ドメイン」として販売しているサイトは数多くあるので、新規サイトでも古いドメインを使うことができます。過去に長い年月を使用したドメインなら様々な被リンクを得ている可能性がありますので、運営の仕方によっては検索エンジンから高い評価を受けられるかもしれません。

また、中古ドメインには、過去のドメインパワーや被リンク数が得られるメリットがありますが、一方で過去にペナルティを受けたドメインの場合は、悪い評価も一緒に引き継いでしまう可能性がありますので注意しましょう。

過去のページを確認する

取得しようとしているドメインで過去にどのようなサイトが運営されていたか「Internet Archive Wayback Machine」を使って調べることが可能です。Internet Archive Wayback Machine は、世界中のサイトの過去のデータを保存しているサービスです。ご利用の際は次のURLをご覧ください。
Internet Archive Wayback Machine

まとめ

ドメイン年齢の長いサイトの中には、上位に表示されるものがありますが、それは長年のサイト運営で培った良質のコンテンツと被リンクがあってこその評価です。中古ドメインを購入してその評価を引き継いで効果を上げることも可能かもしれませんが、長期で利用するには、新規ドメインとほぼ同じ価値になると考えられるので、サイト構築やSEO施策にかかるコストを考えながら新規ドメインと中古ドメインを選ぶことをおすすめします。

Webサイトのドメインを変更すると検索順位が落ちたり、アクセス数が激減してしまう可能性があるので、Webサイトからの売り上げを見込んでいる場合は慎重になりますよね。「PAGE Delivery」は、SEOを意識したWebサイトの情報設計で、効果の出ていないWebサイトを改善し、売れるフローを作ります。

 

サイト良くして委員会 TOPへ戻る

人気の記事

「サイト良くして委員会」は
「PAGE Delivery」より発信しています

「PAGE Delivery」というサービスは
ご存知でしょうか?

課題となるWebサイトをプロが分析し、
コンバージョン率改善に向けたページを
配信する独自サービスです。

その「PAGE Delivery」を
行っている中でプロが気になる情報を

「サイト良くして委員会」で発信しています。

\ PAGE Deliveryのサービス内容はこちら /